革を

いただいたのです。
牛の革。
あまり革とかってのは使いたいと思わないので避けていましたけど、
せっかく牛さんが下さったものなので使ってみようかなと。
最近見ないですけど、毛皮とかに反対する人達とかが毛皮のコートとか燃やしたりってのを
ニュースでやったりしますでしょ。
あの〝燃やす〟っていう行為は理解できないですよねぇ。
それこそ命を無駄にしてると思うんですよね。
それはもう大事に大事に使っていけば良いのに。
同じするなら、新たに毛皮になってしまうのを防ぐような
「毛皮ってばチョ~恥ずかしー」みたいな啓蒙でもした方が良いんと違うかしら。

所で牛の革ってのは全て食用の牛からのものってのは本当なのでしょうかしら?
だって、牛革って色んなとこに使われていますでしょ。
そんだけ沢山の牛の命を食用って事でいただいているって事なのかもしれないですけど…
何にしても、他の生物の命をいただいて生きている生き物としては、
もっと大事にありがたくいただかねばならないのですよね。
結構たくさんいただいた革。。どう使おう。

リンクに大好きな作家さん『One's way Bear』さんを追加しました。
ベアの好みって結構変わってきたように思うのですが、
浜口さんはずっと変わらず大好きな作家さんのひとりなのです。

森のクマたち展

のベア送りました。
春に続いて2回目の企画展です。
ベアはこの子です
image116.jpg
サイズ:身長(鼻先からしっぽまで)約27㎝
材料:アルパカ、ウールフェルト、グラスアイ、木毛、化繊綿、
   ペレット、ハードボードジョイント
image117.jpg image211.jpg
前足は付け根以外に2ヶ所ずつジョイントしていて、全部で10ジョイントになっています。
なので、画像のようにのっそり歩いてる感じのポーズとかも出来たりします。
四足だけでなく、お座りも大丈夫です。
目のとこもこれまでとは違う加工をしてみました。
どうなることやらとビクビクしながらの作業でしたけど、出来上がってみればなかなかの良い子が完成しましたー。

 「森のクマたち展」9月27日~10月22日
 星野道夫さんの「星のような物語」と同時展示です。
 山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター(清里 清泉寮エリア内)
 9:00~17:00 休館日火曜日 
 〒407-0311 山梨県北杜市高根町清里3545 TEL:0551-48-2900
 
 お問い合わせは、メイフェアさんまで。
 販売は27日からだそうです。